busbookmark 体験談

busbookmark 体験談

 

テレビの旅行番組でとある観光地の特集が流れており、たまたま映った光景に心を奪われ、そこを訪れたいという考えでいっぱいになりました。でも、どうやって行くのか、という問題に直面したとき、無理かもしれないという諦めかけてしまいました。

 

 

ネットで簡単に交通費と宿泊費を調べてみたら、一人だけでもかなりの金額になってしまったからです。

 

 

タイミングが悪く、友人の血行式が重なり、お金の余裕はあまりありませんでした。

 

 

そうして、何も手を打つことが出来ないまま数日が過ぎた時、あるサイトで夜行バスに乗れば交通費をかなり節約できる情報を目にしました。

 

 

果たして本当だろうかと調べてみたら、確かに飛行機や新幹線を使った場合に比べて、半額以下の料金で目的地に着くことが出来ます。

 

 

問題はそこに行くまでの時間ですが、7時間くらいはかかってしまいます。バスの中で7時間も過ごすというのは、精神的にも体力的に大変な気がしましたが、夜行バスであれば、そのほとんどを寝て過ごすことが出来ます。

 

 

そうであれば時間をつぶす必要もないということで、旅行計画は現実のものとなってきました。

 

 

高速バス・予行バスにもいろいろありますから、その中で一番いいプランを選ぶのにまず探したのは簡単に予約が出来る検索サイトです。私が見つけたのはbusbookmarkというサイトでした。

 

 

目的地、出発地だけでなくバスタイプでも検索できるので、ゆったりとした座席伸ばすタイプを選んで、調べてみると、席数の少ない3列独立シートでもいくつかのプランに空席があるのを見つけて、検討するためにブックマークをしていったん時間を置くことにしました。

 

 

それから1日くらいかけて宿泊するホテルはどうするのか、テレビで見かけた場所へはどうやっていくのか、といったことを調べていき、何とかなりそうだという目途がついたところで予約を入れました。

 

 

支払いはネットバンキングやクレジットカードも使えましたが、ちょうど給料日が間近だったので、後日に支払いが出来るコンビニ決済を選びました。

 

 

もちろん、余裕があるといっても支払い期限があるので、それは超えないように注意はしてのことです。

 

 

そうして夜行バスの手配は終了したので、あとはホテルも予約して、着替えなど必要な準備をそろえました。

 

 

そうして、旅行当日になり、与薬をした夜行バスがでる出発地に30分前に到着、無事に乗り込むことが出来ました。

 

 

やはり、一人当たりのスペースが広いので、長時間でも苦しさはありませんでした。

 

 

現地でも楽しいことはたくさんありましたが、往復の旅も思ったより快適に過ごすことが出来ました。

 



>>busbookmark公式サイトはこちら<<

 


 

▲上へ戻る